看護師のキャリアアップに転職は必要か

看護師のキャリアアップに転職は必要か考えた時、先にも述べましたがその必要に迫られる場合はあるようです。資格取得に前向きではない環境も未だにあり、職場との両立が難しいと判断した時には迷わず転職を考えましょう。他にも、家族の転勤などで住む地域が変わる場合もあり、そういう場合は准看護師の場合はより転職の大変さがついてまわります。正看護師であれば国家資格なので大丈夫ですが、そういう理由もあって看護師資格を眠らせている方も少なくありません。看護師を長く続けるという意味では、正看護師資格を取得しておく方が転職の際にも有利と言えます。

看護学学士の学位単位取得のため勉強する時間を取りたい、または大学に編入、大学院に進学したい。
看護学以外にも臨床心理士を目指して心理学を学びたい。
→今の職場では両立が難しい、または一度退職または休職する必要があると考えている人もいる。

認定看護師や専門看護師の資格取得を目指したい。
→症例数が少なかったり専門的に学べる環境でない。

救急救命士、内視鏡検査技師、循環器専門ナースや認定VIR看護師など専門分野の勉強をしたい。
→環境を変えなければならないことがある。

管理職を目指している方
→現職場ではまだまだ時間がかかる。

出典 看護CUBE 看護師が転職する理由ランキング 第7位 キャリアアップ出来ないより 抜粋

看護師として働く以上は、誰しもスキルアップを目指してより患者に寄り添い、適した処置が出来る、または精神的なサポートが出来るようになるなど、向上心を持って勤めている方が多いと思います。とは言え、病院の規模や考え方により、もちろん専門看護師や認定看護師がひとりもいない病院があるなど、現状として看護師の学びに対して前向きではない職場があるのも事実のようです。どれほど自分がスキルアップを目指そうと思っても、症例が足りず研修にならない場合も考えられ、職場がスキルアップの足かせになるということも考えられるようです。もし、そのようなところに自分が身を置いていた場合、転職を希望しても仕方がないと言えますね。准看護師として勤めながら正看護師を目指す方も、他の資格取得を前向きに考えていない病院であれば、キャリアを積み、准看護師から正看護師になった後、給与の面などで折り合いがつかなくなり、その職場での立ち位置を失くしてしまうことも考えられます。正看護師の定数が足りていて、准看護師で不足分を補うようなことを考えている人員配置を取っている病院では、正看護師を増やさす准看護師を新たに配置することで人件費を抑えることを考えます。
しかし、看護師のスキルアップに前向きな病院はきちんとあります。就職、または転職の際、お互いの意思の疎通を計り、その向上心を無駄にしない場所に身を置けるかどうかが重要です。一生活かせる資格ですし、看護師としてやりがいの感じられる職場は病院に限らず公的機関の医療関係施設、または介護や福祉施設など多岐に渡ります。そこでどれだけのスキルアップを計れるかは、看護師のやる気次第です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です